個人事業主の銀行口座

kojinnjigyounusi-kouza個人事業主の銀行口座というか屋号つきの口座を開設したい場合に、どこの口座で開設するのかが一番スムーズで楽なのか試してみた。屋号のみの開設方法も解説。

結論から言うと、

「屋号+氏名」の名義でよければ、三井住友銀行が楽チン。ネットバンクも無料で個人口座と遜色なく利用できるので便利だ。

屋号だけで個人事業主が口座開設したければ郵貯で開設すべきだ。

他にも小ネタ技的な方法は可能そうではあったものの、法的な登録とかでお金がかかりそうな手段は排除した場合です。

楽天銀行は屋号を商号登録した書類が必要なことが記載してあった。
ジャパンネットバンクも同等。どちらも屋号+名前の様子。ネットバンクなのに、個人向け口座との区別と区分けが連動性がサービスによってまちまちなので理解しにくい。

一般的なメガバンクだと、みずほ銀行やUFJ銀行はネット決済(ネットバンク)が有料だったりするようで、いまいちいただけない。
ひとまず振り込み履歴の確認や支払い履歴をまとめたいので、通帳が欲しい所だったので一般の銀行で開設してみたかったのですが・・・。

口座開設方法

個人事業主向けの口座は営業性個人の口座とよばれているらしい?
試しに三井住友銀行のコールセンターに電話をしたら最寄の支店に問い合わせてくださいといわれて、支店にかけてみたら
「印鑑証明書」と「税務署に登録をしたとわかるもの」と「印鑑」と「身分証明書」をもってきてくださいといわれたのですが、
印鑑証明などは登録したことがなかったので、そのまま行ってみた。

ひとまず「個人事業主の口座を開設したいんですけど」といったら、
手続きをすすめてくれた。
この際は普通の一般個人口座の解説窓口で手続きしてくれる。
ぺらい紙に届出の情報を記入して、
「届け出の書類控え」と、「身分証明書(免許証)」「印鑑」の3点で手続きしてくれた。(印鑑証明いらないやないか!!!)
コピーは受付で控えをとられる。
そして、3日間くらいで確認作業しますのでといわれるので、その後営業日換算で約3日後には電話がきたので「開設の手続きはとれるようになりました」とのことで再度支店に向かったところ、銀行口座の開設手続きは出来て、通帳はその日にもらえた。
キャッシュカードとネットバンクのIDとかパスワードの発行には後日郵送でおくってくるとのこと。(1週間後くらいには届いた)

いろいろと調べてみて試した結果としては、たぶん三井住友銀行が一番屋号付きの個人事業主の口座は開設しやすい。

ただ口座の振込先の名称は、屋号+苗字+名前という口座名称ですけどね。

屋号だけの口座を作るには

メインバンクとネット銀行はどれも「屋号+名前」という振込み名称になってしまう様子なので諦めていたのですが、どうしても屋号だけの振込み口座が欲しいという人は郵貯であれば、個人事業主でも「屋号のみ」の口座開設ができるとのこと。三井住友で屋号+名前で開設したあとに、判明したのですが、郵貯であれば、屋号だけでの振り込みも可能で口座名も屋号のみで開設することができるらしい。
興味がある人は郵貯を選択肢にいれてみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク

検索

関連記事

カテゴリ ランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ