ロードセルの使用方法を解説します

ロードセルとは質量とトルクを検出するセンサーのことで力を加えるとそれを電気信号に変換してくれます。荷重を電気信号に変換する荷重変換機とも呼ばれています。ロードセルは様々な物に使われており、産業用のはかりや天秤、台はかり、体重計や試験機などの内部に使用されており、普段私たちがそれを目にすることはほとんどありませんが、種類や形も様々とあります。力測定が行われているところであればどこにでも使われているといっていいほど使用されているものです。使用方法に関しては使用されている物や種類によっても若干異なることがありますが、基本的には出力ケーブルを接続して使用していきます。接続方法もわかりやすいように色分けされているものが多くシンプルな接続方法が多いです。

使用方法はどのように使うものなのか

ロードセルは重量を受けて電気的な信号に変換する変換機ですが、この電気信号を標示、利用するときは表示器、パソコン、測定器などで使われることが多いです。その際に出力値の表示、データベースへの保存、プリンタでの印刷など様々な設定をする必要も出てきますので機械を接続するだけでは使用できないです。表示器を接続する方法として、電源ケーブル、信号ケーブル、シールドケーブルなど5本のケーブルが含まれているため、EXCは印加電圧線、SIGは出力信号線、シールドは接続地それぞれの端子名を合わせて繋いでいくと使用ができるようになります。機械によってはケーブルの数が異なる場合もあるため取り扱い説明書を事前に確認しておく必要はありますが、それぞれ色分けされており、わかりやすいつくりになっているものもあります。

用途ごとにロードセルを選ぶ方法

使用用途ごとに使う種類が異なりますが、その際選ぶ方法にいくつか確認する点があります。まず軽量を行う際にどの方法で行うのが最適であるかを確認し、引っ張る力や圧縮などの負荷条件を決めます。その後に定格容量の選定を計算して容量を出します。その後に必要とする分解能が表示できるかどうか、強度による選定をして機械を選定する基準を決めます。容量が大きすぎると微量の計測が難しく、急な衝撃にも耐えなければいけない為強度も必要になったりするため制度に合わせた表示器の選定が重要になってきます。重量によっても定格容量や定格出力、印加電圧などの数値も変わってきますので、事前にきちんと計算をして数値を出し設定する際に正しい数値で仕様を設定しなければ正常に使用できなくなるため、最初の選定と計算はとても重要です。