まずロードセルとは何かを説明します

ロードセルとは質量やトルクといった力を検出するためのセンサーです。力が加えられた時に電気信号へと変換する仕組みになっており、様々な現場で活用されています。その種類は主にビーム型、コラム型、S字型、ダイヤフラム型4つあります。それぞれ形や力を受ける方向が異なっているので、現場の事情とマッチしたものを選択することが大切になります。材料にはアルミ、鉄、ステンレスなどがあります。定格容量以内であれば非常に長く使用できるのも特徴であり、コストパフォーマンスも優秀です。しかし、定格容量を超える力を長時間にわたって加えると壊れてしまうこともあるので、その寿命は使い手次第とも言えます。適切な使い方を意識すれば、半永久的に使用できるといわれています。

力を電子信号に表示する優れた機器

ロードセルという名前やその姿は一般に知られることが少ないですが、実は身の回りの様々なものに使用されています。天秤や体重計はその好例です。産業が急激に発展する中で生産物の重さを電子化する必要性が高まっています。電子化されたデータを研究に活用すれば品質向上や生産性向上に活かすことができます。その測定精度やスピードにおいて非常に優秀なのがこのセンサーの特徴です。すぐに電子化されることでコンピューターのモニターに表示したり、小さな容量で保存したりすることも可能です。ロードセルの形や性質は全て一様ではなく、種類ごとの特徴があります。そのため、使う場所によって種類を使い分けることが出来、その利便性を高められます。その柔軟性もこのセンサーが持つ魅力となっています。

導入をするときのポイントについて

ロードセルの表面にはひずみゲージというものが貼り付けられています。このひずみゲージが変形することで抵抗値を測定し、そこから力を計測及び電子信号への変換を行います。人の目では確認できないほどの変形ではありますが、しっかりと数値として計測することが出来ます。その電子信号は表示器やコンピューターと接続することで様々なことに活用できます。プリンターから印刷することももちろん可能です。定格容量内での使用、適切な保存方法を行うことで長く使える機器です。それゆえに自分の使いたい用途と定格容量が噛み合っているかに注意が必要です。また、種類ごとに形が異なっているので、使う場所のスペースに合うものを選択することが大切です。加えて表示器などの周辺機器も購入しておくと便利です。

プレス制御と品質管理を同時にいたします。 一部価格改定がありました。詳細につきましては弊社営業部宛にお問い合わせください。 全国各地、どこからでもロードセルをお探しなら、弊社にお問い合わせくださいませ。 ロードセル、エアープレス機、ハンドプレス機、油圧プレス機を製造販売する唯一の総合メーカーです。 小型、薄型ロードセルはあらゆる作業環境に対応します。 プレス機やロードセル製造なら富士コントロールズ